フィルターを掛ける
TOPページ カンティーネ ノビリ / Cantine Nobili
表示アイテム数12243648
TOPページ カンティーネ ノビリ / Cantine Nobili

カンティーネ ノビリ / Cantine Nobili

1591年よりヴァルテリーナ大渓谷で
ワインと共に歴史を刻む、古典派生産者ニコラ・ノビリ。

ノビリ家の歴史は1591年に遡ります。この地のブドウ農家として代々ブドウ栽培を行ってきましたが、現在の当主、
ニコラ・ノビリの父が1985年、0.4haのインフェルノの畑と共に、醸造所を立ち上げました。そして2001年よりその息子ニコラに引き継がれ、現在は代表的な3区画にインフェルノに4haとサッセッラに1ha、そしてグルメッロに1haの合計6haの畑を所有し、それらは樹齢70年から75年を平均とする古いネッビオーロが主体です。
ノビリはインフェルノの王様と言われるほどインフェルノの区画を代表するワイナリーとしてイタリアで知られ、3種類作るワインの中ではインフェルノが彼らの代表的なワインと言えます。

ノビリの醸造スタイルは伝統的かつ古典的です。畑では一切除草剤や農薬を使用せず、牛糞を肥料に使うなど、昔ながらの手法を用います。セラー内では自然酵母を使用し、発酵樽には伝統的な栗の大樽を使います。栗の樽を使うことはイタリアでも数少な。彼らの昔からの北国の厳しい生活が良く伝わってきます。
醸造家でもあるニコラ・ノビリ氏は北国の人を思わす寡黙な人柄です。ヴァルテリーナに伝わる歴史やワイン醸造について精通され、一度口を開くと熱心にヴァルテリーナの歴史を語ってくれます。

ネッビオーロの故郷、
アルプスの美しい渓谷に広がるヴァルテリーナDOC。



ヴァルテリーナはコモ湖に近い、スイスとの国境ロンバルディア州の最も北に位置します。スキーリゾートや温泉地として知られ、古くからアルプスへ抜ける交通路として発展してきました。
ヴァルテリーナの気候は冬には厳しい寒さ、そして遅い春を迎え、夏になるとサボテンが生息する
くらいに気温が上昇します。これらの地形ではこの地の代表的なブドウ、ネッビオーロと非常に相性が良く、地元ではキアヴェンナスカと呼ばれヴァルテリーナの地ブドウとして親しまれています。
近年の研究によると、ヴァルテリーナではネッビオーロがピエモンテより以前から生息していたことが証明され、ネッビオーロの故郷として認知されています。

ヴァルテリーナDOCは、東西を走るアッダ川の日当たりの良い南斜面の標高300-600Mの間に細長く渡り広がり、1000年以上前に手により作られたテラス棚のブドウ畑が、チンクエテッレ、ヴァレダオスタと並び、知られます。その美しさがゆえ、現在ユネスコ世界遺産にノミネートされています。
ヴァルテリーナは総畑面積を合わせると約1000ha、その中で最も大きな棚畑の産地です。エリア内には主に4つの特級サブゾーンが存在します。
冬は寒く、夏は暑い気候と、スレート土壌による特殊なテロワールからは、ワインのスタイルは軽やかでエレガント、柔らかい酸とタンニンを持つ、比較的早飲みから楽しめるネッビオーロが生まれます。エレガントでありながら、長期熟成させることができます。

ヴァルテリーナの畑は、約1000年前に形成されたといわれる棚田です。農家の悩みの種となる堅いスレート岩の上に、左の図のように人口アッダ川河口から土を運び、淵を石垣で堰き止めて造られます。


当然作業は全て手作業。厳しい寒さと険しい自然の中で生きていくための、ヴァルテリーの人々の知恵を垣間見ることができます。