フィルターを掛ける
TOPページ テヌータ マッツォリーノ/ TENUTA MAZZOLINO
表示アイテム数12243648
TOPページ テヌータ マッツォリーノ/ TENUTA MAZZOLINO

テヌータ マッツォリーノ/ TENUTA MAZZOLINO

イタリアとフランスの美しい音楽を奏でる
ブラジョッティ家のテヌータ・マッツォリーノ

美しいパヴィアの街と葡萄畑を見晴らすコルヴィーノの丘に19世紀のお屋敷を構えるテヌータ・マッツォリーノ。フランス家系のブラジョッティ家の当時の当主、エンリコ・ブラジョッティは、国を超えて散らばっている大家族が常に集まれる場所を求め、1980年にオートレ・ポーで“マッツォリーノ(=出会いが生まれる舞台)”を意味するこの地にたどり着きました。そこで家族が集うテーブルに美味しいワインが溢れるように、という思いでテヌータ・マッツォリーノを立ち上げます。

オートレ・ポーDOCは、ミラノから南に約30分、長い歴史の中でフランスと縁のある土地です。そして古くからフランス由来の葡萄品種であるピノ・ネロやシャルドネが耕され、ミラノ人たちの食卓を潤わせ続けると同時に、隣のピエモンテがスプマンテの産地として発展してからは、ピエモンテにピノ・ネロを供給する産地としても位置づけられてきました。そうしたことからか、ピエモンテの更に田舎の風景を思い起こさせるオートレ・ポーは、“Vecchio Piemonte(=古き良きピエモンテ)”とも呼ばれています。

エンリコの娘であるサンドラが、そして更にその次の世代として、現在はサンドラの娘フランチェスカが代々の思いを受け継ぎ、新しい時代の指揮を取り始めた今、マッツォリーノは更に美しいイタリアとフランスのハーモニーを奏で始めています。22ヘクタールの畑に手を入れなおし、建築家ロレンツォ・ヴェルニの設計により醸造所を新たに建設します。敷地には果樹園や鶏、馬、そして美しい葡萄畑が共存し、まるで小さく美しい楽園のようです。これらなくして彼らの最高のワインについて語ることはできません。
また、ピノ・ネロを白ワイン醸造していた1980年頃、ピエモンテの"Mr.ワイン"ジャコモ・ボローニャ氏より、「この地は偉大な赤ワインとしてのピノ・ネロが生まれるべき土地である」と助言を受けたことは、マッツォリーノをはじめ、オートレ・ポーDOC自体を目覚めさせた大きな転換ストーリーとして最後に記述します。

 

“ブルゴーニュは、オートレ・ポーにもあり。”

オートレ・ポー、そしてイタリアを代表する偉大なピノ・ネロ。それがテヌータ・マッツォリーノを代表するピノ・ネロ「NOIR」。
サンドラはブルゴーニュで広く名が知られる醸造家のキリヤコス・キニゴプロス氏をチームへ迎え入れ、今やマッツォリーノが誇る代表的ワインとなったピノ・ネロ「NOIR」を生み出します。
このワインはイタリアワインガイドのガンベロ・ロッソで最高評価のトレ・ヴィッケーリを通算6回受賞するなど、現在オートレ・ポーのみならず、イタリアのピノ・ネロの代名詞として世界中に広くその名が知られています。